トピックス

2019/03/18

全国初の快挙!二等航空整備士(飛行機タービン)の航空従事者養成施設の指定を受けました。

航空整備科 二等航空整備士コース( 飛行機タービン専攻)が国土交通大臣指定航空従事者養成施設の指定を受けました。

本コースは、2016年より全国唯一の小型タービン飛行機の航空整備士資格取得を目指すコースとしてテストコースの指定を受けておりました。そして本年、その一期生が実地試験に挑み見事全員合格し、本コースは航空従事者養成施設の指定を受けることとなりました。
これにより、二期生以降は実地試験免除で在学中に整備士ライセンスを取得することができます。

二等航空整備士(飛行機タービン)を在学中に実地試験免除で取得できる学校は日本全国でも中日本航空専門学校だけ。
二等航空整備士は、整備業務全般を行うことができ、整備範囲が制限される二等航空運航整備士の上位の資格です。

二等航空整備士(飛行機タービン)を取得することで、小型ジェット機の整備においては資格がそのまま活かせる即戦力になることができ、エアラインにおいても一等航空整備士の取得を目指すうえでタービンエンジンの知識を活用でき、まさに航空業界が必要とする人材になることができます。

学生の皆さんのたゆまぬ努力の賜物です。本当におめでとうございます。

新着情報一覧へ