キャビンアテンダント・
グランドスタッフコース誕生!?篇

Q.なぜCNAを選びましたか?

インターンシップの存在が、
CNAを選んだ理由の大きな一つです。

エアポートサービス科 1年生
エアラインビジネスコース
小林 由佳さん

高校は大学進学を想定して普通科の進学校に進みましたが、空港で働きたいという思いが日に日に強くなり、大学ではなく航空専門学校に行こうと早い時期に決めました。

CNAを選んだ理由は就職率が100%で、特にANA・JAL系の企業に強いことなどいろいろありますが、中でも半年間のインターンシップ研修が用意されていることは大きな一つです。研修先のひとつであるANA中部空港は、私がこの仕事に憧れるきっかけになった企業なので、「在学中にそんな経験ができるなら行くしかない!」と思いました。

やりたいことがはっきりしている
自分にとって、
大学は回り道になると
感じました。

航空整備科 3年生
二等航空整備士コース
飛行機ピストン専攻
山口 万穂さん

飛行機は大好きだけど乗ることが苦手だったので、やるならグランドハンドリングか航空整備士かなと。最終的に航空整備士の道を選んだのは飛行機そのものの“中身”を見たかったからです。

親には大学に行くことをすすめられましたが、やりたいことがはっきりしている自分にとって大学は回り道になると感じて、実家から通えるCNAに進みました。オープンキャンパスに参加した時の先生方のご説明が熱心で分かりやすく、先輩方も気さくで話しやすかったこともCNAを選んだ大きな理由です。

そしてさらに、
エア女の学びの幅が広がります!

エアポートサービス科に、待望のキャビンアテンダント・グランドスタッフコースが新設されます。空港の“顔”であるキャビンアテンダントやグランドスタッフの仕事に必要な接客マナー・英語・一般教養などを学びながら、高いプロ意識と強い責任感を育てます。

P1

個性や強みを伸ばすサポートを
心がけています。

エアポートサービス科准教授
ANAウイングスから現役出向
国際線・国内線キャビンアテンダント経験者
赤塚かおり先生

img1

空港利用者の多様化に伴い、キャビンアテンダントやグランドスタッフには、それぞれのお客様に合わせた対応力が求められます。CAとして20年以上のフライト経験を活かし、学生ひとりひとりの個性や強みを伸ばすサポートを心がけています。

img1

高校生へのメッセージ

同じ航空業界を目指す仲間が集まる場所だから、仲間どうしで助け合い、お互いを高め合うことができる。それがCNAの魅力です。
飛行機を利用するお客様から、「いいね!」と感じて頂けるよう自分自身を磨いていきましょう。

P1

P1

本物の旅客機(ボーイング777)の機材を使用して製作した「客室モックアップ」を設置。機内サービス実技を本番さながらの環境で行えます。

P1

希望者を対象に、海外へ約9ヵ月間の留学を行い、キャビンアテンダントや国際線グランドスタッフにも通用する英語力を身に付けます。休学扱いとして留学するので、その間の本校の授業料はかかりません。

選択制 長期留学プログラム<2年課程>
費用:約200万円