二等航空整備士
二等航空運航整備士コース
[飛行機ピストン専攻]

豊富な実機に触れ、
確かな知識と技術を手に入れる

学びの核心

国土交通大臣指定の養成施設だから
在学中に航空整備資格を取得できる
CNAは「国土交通大臣指定航空従事者養成施設」なので、実地試験が免除されます。国土交通大臣が認定した技能審査員による学内での技能審査を受けることで、在学中に航空整備資格を取得することができます。
実機を使用した実践的なカリキュラム
航空整備の基礎知識を学ぶ講義から機体に触れながら学ぶ実習まで、航空機の構造や機能、取扱いについて幅広く学ぶことができます。

二等航空整備士と二等航空運航整備士の違いは?

どちらの資格も整備の対象は小型機です。二等航空整備士は、整備業務全般を行える資格。二等航空運航整備士は、離発着の間に日常的に行われる整備業務などを担当します。なお、本コース卒業生の多くは、エアラインに就職し、二等の資格を取る際に学んだ航空整備の知識を活かして一等航空整備士を取得します。

授業内容

エンジン整備
チームに分かれ航空ピストンエンジンの整備を行います。オイル交換からシリンダー交換まで、幅広い整備実習が展開されます。
ランディングギア点検
ギア引込式の機体は高性能な反面、構造が複雑なだけに点検作業が重要となります。
飛行前点検、試運転
飛行前にエンジン、プロペラなどの状態をチェックし、エンジンの試運転を行います。最も重要な最終チェックです。
双発機実習
単発機だけでなく、一般的な双発機を用いた双発機独自のシステムを学ぶ実習も行います。

先輩に聞く

高校1年生の時、とある女性航空整備士さんのブログを偶然に見つけて、それを見てカッコいい、私もこの仕事がしたいと思いました。最初は漠然と航空整備士への憧れでしたが、同じ航空整備士でも、小型航空機、大型航空機、ヘリコプターなど、それぞれに違い、魅力も様々です。だから魅力を知れば知るほど、選択肢も増え迷ってしまうこともあります。ただその中で私は小型機の二等航空整備士コースを選択しました。小型機はエンジン、電子装備品などが集約されており、航空機全体を学ぶには良いこと、またパイロットや搭乗者とのコミュニケーションも大いにはかれるなど、自分に合っていると思います。
実家の近くにも航空専門学校はありましたが、複数の学校の体験入学に足を運んだ上で、本校への入学を決めました。理由はとにかく設備環境が違うこと。実機の数、最新設備、どれをとっても差は歴然。この環境なら、航空整備士を目指すには十分、いや想像以上に成長できるのではないかと期待がもてました。もともと車のエンジンがきっかけで航空機整備に興味を持ちましたが、エンジンだけでなく航空機ならどこでも整備できるようなスペシャリストになりたい。そして、旅の一部を演出するような仕事がしたいです。

主な就職先

・ANAベースメンテナンステクニクス株式会社
・ANAラインメンテナンステクニクス株式会社
・株式会社JALエンジニアリング
・株式会社AIRDO
・アイベックスエアラインズ株式会社
・エアアジア・ジャパン株式会社
・株式会社スターフライヤー
・株式会社フジドリームエアラインズ
・新明和工業株式会社 航空機事業部
(一部抜粋/順不同)

資料請求
オープンキャンパス