航空整備科

技術力・人間性・挑戦心を備えた、プロの整備士を養成

ANA・JALと提携して一等航空整備士を養成
ANA・JALと提携して
一等航空整備士を養成
大型機整備の業務全般を担当できる
一等航空整備士の国家資格取得を目指すコース
「エアライン(ANA・JAL)整備士養成コース」を
新設しました。3年次以降ANA・JALの整備場で
大型機の航空整備士ライセンス取得のための訓練を
行うため、入社後、最短2年で一等航空整備士の
国家資格を取得することが可能です。
全国初にして唯一、
タービン飛行機整備士の養成コースを設置
全国初にして唯一、タービン飛行機整備士の養成コースを設置 現在の航空業界はタービンエンジンが主流と
なっており、それに対応する即戦力が求められて
います。こうした背景を受け、CNAでは全国初
となる在学中にタービン飛行機整備士の
資格取得を目指すコースを設置。
航空業界のニーズに応える即戦力を養成します。
ヘリコプター整備士養成数は
開校以来1,300名を超え養成実績全国No.1
ヘリコプター整備士養成数は開校以来1,300名を超え養成実績全国No.1 日本でも2校しかないヘリコプターの
二等航空整備士を養成しているCNA。
実習では、ジェットヘリ「Bell206」という警察や
民間企業でも数多く採用された機体を教材として
使用し、構造の理解や整備のテクニックを
磨いて実践力を身につけます。
アクティブラーニング:電源系統の故障探求
アクティブラーニング:電源系統の故障探求 教材機の電源系統に不具合を発生させて、
学生達が自主的に不具合個所を発見し、
是正して正常な状態に
復帰させるまでの作業計画を、
グループディスカッションを通して作成します。
その後、実機を用いて故障探求を行い、
修理復旧、作業確認までを行います。

  • ● 一等航空整備士
  • ● 二等航空整備士(飛行機)
  • ● 二等航空運航整備士(飛行機)
  • ● 二等航空整備士(ヘリコプター)
  • ● 航空特殊無線技士
  • ● 第二級陸上無線技術士
  • ● 有機溶剤作業主任者
  • ● 情報検定(J検)
  • ● ディジタル技術検定
  • ● 航空無線通信士
  • ● 実用英語技能検定(英検)
  • ● TOEIC

航空整備士(ライン整備)

空港のスポットに駐機している間に、機体の外部、内部の点検や整備を行う整備士。短い時間で整備を行うこともあるため、迅速・確実な作業が求められます。

航空整備士(ドック整備)

飛行時間・回数により定期的に実施される整備を行う整備士。主に格納庫内で大掛かりな修理や点検、部品の交換を行います。

航空整備士(ヘリコプター)

近年活躍の場を広げているヘリコプターの整備士は、ドクターヘリなどを運航する民間企業のみならず、警察航空隊や消防隊からも人材が求められています。

電気・電子分野の整備技術者

航空機に搭載される電子装備や、フライトシミュレーターの点検・整備をする技術者。航空機整備の知識だけでなく、電気・電子に関する高度な知識が必要とされます。

航空整備とは、確かな知識と豊富な経験を基に
「空の安全」を支える重要な仕事。その責任を果たすために、
先輩たちはどんな想いや努力を重ねているのでしょうか。

卒業後3年の自分

アビオニクス実習など、
実践的な授業の多さが魅力。
ANAベースメンテナンステクニクス株式会社 内定
2018年卒業 /中山真奈さん

ずっと空港の管制官に憧れていたのですが、航空整備士という仕事をCNAのオープンキャンパスで知り、その場で航空整備科への進学を決めました。機体に直接触れることのできる“近さ”が、とにかく魅力的に思えたからです。学内の行事で特に力が入るのが、毎年秋に開催される技能コンテスト。抵抗値を測りながら電子ブロックを回路図通りに組立てるなど、学年を問わず整備技術を競います。同じ夢や志を持つ仲間に囲まれたCNAはとても刺激的で、自分に足りないことを気づかせてくれる場所。小さい頃から憧れた航空業界で長く活躍できるよう、卒業までしっかり勉強したいと思います。

CNAでよかったこと

航空電子コースで特に好きな授業が、フライトシミュレーターを使ったアビオニクス実習。就職先ではフライトシミュレーターの点検整備を担当することになっているので、CNAで学んだことを現場で十分に活かすつもりです。

卒業後6年の自分

決められた時間内に整備を終え、
就航を見届ける時に喜びを感じる。
株式会社AIRDO
2013年卒業 /髙岡文太さん

在学中に二等航空整備士の資格を取得できることが航空業界への近道になると思い、大学を辞めてCNAに入学しました。就職先にAIRDOを選んだのは、航空会社から出向されていた先生のすすめがあったからです。航空機の離着陸時に整備を行うセンダー業務と、始発便・最終便の点検を行なうデイリーチェックが現在の仕事の中心。決められた時間内に整備を終わらせ、無事に就航を見届ける時に大きな喜びを感じます。今後はボーイング737や767を担当するため一等航空整備士の資格取得を目指しつつ、先輩から頼られ、後輩に的確なアドバイスのできる整備士としてさらに成長していきたいと思います。

CNAでよかったこと

保有する機体数が多く、実習でそれらに触れられること。座学ではよく分からなかったところも、手を動かす中でしっかり身につきました。また、工具の扱い方をひと通り学んでいたため、仕事をスムーズに覚えることができました。

卒業後8年の自分

海外トレーニングを積極的に受け、
ヘリのドック整備を極めたい。
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社
2011年卒業 /面田広大さん

高校2年生の終わり。航空整備士の出てくるTVドラマを見て「かっこいい仕事だな」と思い、CNAへの進学を決めました。CNAでは先生の「ヘリは就職先が幅広いよ」というアドバイスでヘリコプターのコースを専攻。実習でBell206などの機体に触れた経験は、卒業から7年経った今も大きな財産です。この会社に入ったのは、運航整備ではなくドック整備の仕事がしたかったから。入社後3年目に一等航空整備士の資格を取得し、現在はヘリの電装関係の点検および改修を担当しています。本社のあるフランスのほか、ドイツや韓国でも社内トレーニングがあるので、キャリアアップに役立てたいです。

CNAでよかったこと

全国の航空専門学校の中でもヘリコプターの機体数が一番多く、ヘリの構造や電気系統を詳しく学べました。また航空力学の授業では、先生が要点をまとめたプリントを毎回用意してくださったので、理解の手助けになりました。

JALエンジニアリング/ANAベースメンテナンステクニクス/ANAラインメンテナンステクニクス/
ANAコンポーネントテクニクス/フジドリームエアラインズ/スターフライヤー/Peach Aviation/
アイベックスエアラインズ/エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン/中日本航空/朝日航洋/
各都道府県警察航空隊など (2019年3月卒業生実績より一部抜粋・順不同)

最初に、お二人の関係性を教えてください。

所属は二人とも羽田航空機整備センターの機体点検整備部です。
同じ課の同じ係に属しているので、島田さんは直属の先輩になります。

お二人が航空業界に興味を持たれたきっかけは?

地元が関西国際空港の近くなのですが、高校を卒業しても自分の将来を決められず、しばらく空港の近くでアルバイトをしていたんです。その時に、空港から旅立つ人たちを間近で見ていて「この人たちを空へ送り出す航空整備士になりたい」と思うようになり、大阪の航空専門学校に入学しました。
僕は大学の理工学部で航空宇宙工学を学ぶ中で、より航空整備に特化した実践的な勉強がしたいと思うようになりました。小さい頃に見た、空港を舞台にしたTVドラマへの憧れが捨てきれなかったんです。具体的には飛行機を“飛ばす人”ではなくて、飛行機を“送り出す人”。そこは島田さんと同じです。それで大学を2年で中退し、CNAに入学することを決めました。

お二人とも自分の将来のため、大きな決断をされたんですね。
櫻井さんが進路にCNAを選んだ決め手は何だったのですか?

東京出身なので、近くに他の専門学校もあったのですが、保有する機体の多さや、オープンキャンパスで出会った先生方の熱意に惹かれました。

入社2年目ということで(2018年時点)、会社の環境はどうですか?

入社後、現在の機体点検整備部に配属されて、島田さんと一緒に仕事をさせてもらっているのですが、部署としての居心地はとても良いです。50代の先輩も僕と同じ目線で接してくださるし、僕も思ったことはできるだけ言うようにしています。家族のような和やかさがあって、年齢や経験に関係なく意見交換のできる環境はありがたいです。
機体点検整備部はいくつかの機体運航整備室で構成され、さらにそれらはいくつかの課と係に分かれています。チームは細分化されていますが、目的は機体を無事に空へ送り出すこと。その一点に尽きます。大きな目的の前では、ベテランも新人も関係ないんです。

CNAで学んだことは仕事でも活かされていますか?

はい。とても多くの場面で活かされているという実感があります。特にCNA保有のBeechcraft E33を使ったエンジン整備実習は、大きな財産になっています。とはいえ、まだまだ先輩方から学ぶことばかりですが…。
櫻井くんの良いところは、分からないことをそのままにしないこと。気になったことは何でも聞いてくれるので、無駄な動きが日ごとに減っていくんです。新人の頃の自分を思い出すと、逆に教えられることがたくさんあります。私の通っていた専門学校では、CNAほどライセンス取得に特化したカリキュラムが組まれていませんでしたから、その点はうらやましいですね。スタートラインからして有利なわけですから。
言葉で教わるだけでなく、島田さんの“背中”からも学びたいと常に心がけています。たとえばパーツの脱落を防ぐセーフティワイヤーを張る島田さんの手元をペンライトで照らしてアシストしながら、手の動きを細かく観察したり。
私も新人の頃は同じことをしていました。我々のやっている機体点検業務は、限られた時間の中で作業を完了させることが大前提です。時間がないから無理、ということは許されない。だから先輩の技や知識はいくらでも吸収した方がいい。経験は何物にも代えられない宝ですから。
チームが一丸となって整備を終え、何事もなかったように飛び立って行く機体を眺める時の達成感は、何度味わっても最高です。

お二人の今後の目標を教えてください。

一等航空整備士の資格取得を急ぎたいと思っています。そのためにいくつかの社内資格を取って、経験を積んでいるところです。
僕はまずライン確認主任者の資格取得し、その後は同じく一等航空整備士を目指したいと思っています。この仕事を長く続けるためには、やはり一等航空整備士の資格は必須ですから。また、それとは別に子どもたちを対象とした「折り紙ヒコーキ教室」のボランティア活動などにも参加して、多くの人がこの世界に興味を持つきっかけを作っていきたいと思っています。

島田さんが櫻井さんに期待することはありますか?

航空機の整備は、一人では絶対にできません。チームで取り組まなければ成立しない仕事ですから、チームメイトに愛される、頼りにされる人材に育ってほしいと思います。私が新人の頃は、がむしゃらで空回りしている部分もありましたが、櫻井くんは先輩のアドバイスをしっかり聞いて、冷静に判断することができるタイプです。来年には後輩も入ってきますから、その長所を活かしてキャリアを重ねてほしいですね。
ありがとうございます。これからもいろいろ勉強させてください。
資料請求
オープンキャンパス