三菱重工業・川崎重工業・IHIなど航空機メーカーへ就職するなら航空生産科、その理由とは?

中日本航空専門学校

願書・資料請求する【送料無料】 オープンキャンパス特集ページ

航空生産科においては、卒業生の16%が、三菱重工業、川崎重工業、IHIなどの大手企業の本体へ就職し、三菱重工業、川崎重工業、IHIのグループ企業も含めると、実に卒業生の4人に1人が
大手航空機製造企業へ就職
していることになります。
その理由とは・・・

理由その1
国産旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の開発が本格化。

世界から注目されている国産旅客機「MRJ」は、
愛知県の三菱航空機において開発が本格化しています。

理由その2
ボーイング社との共同開発が加速。
Made with JAPANの旅客機が世界中から注目されている。

理由その3
ヘリコプター「BK-117」も世界中で活躍中。

  • 川崎重工業とエアバスインダストリー社の共同開発のヘリコプター「BK-117」。全世界で1,200機以上の納入実績のあるベストセラー機は、中日本航空専門学校がある岐阜県で生産されています。
航空生産科は、航空機製造技術者養成実績32年。
モノづくりに特化した、全国でも数少ない学科です。
 
企業ニーズにもしっかり対応できます。
願書・資料請求する【送料無料】 オープンキャンパス特集ページ

航空生産科の強みとは?

  • 1
  • 東海地方には
    日本の航空機関連企業が
    200社以上
    集まっている。
  • 2
  • 三菱重工業・川崎重工業
    など大手航空機メーカーで
    開発に携わった技術者が指導。
  • 3
  • 航空機生産の一連のプロセス
    設計 ⇒ 製造 ⇒ 検査
    が学べる。
  • 4
  • 最先端の航空宇宙に
    係わる生産技術
    を、
    新しい校舎で学べる。
願書・資料請求する【送料無料】 オープンキャンパス特集ページ

就職するまでの流れ

 
  • 数学・物理の基本
    航空工学の勉強に必須
  • 英語
    世界を舞台にした航空業界では必須
  • CAD基礎
    航空機設計には欠かせない
  • 基本実習(工作・検査)
    航空機製造技術には欠かせない
基本的な学習を通して航空技術者としての基礎を固める
 
  • 航空機を
    設計する授業
    航空工学・機械設計・CAD応用など
  • 航空機を
    製造する授業
    機体組立実習・
    複合材料工作実習など
  • 航空機を
    検査する授業
    品質保証・検査工学・
    各種非破壊検査実習など
実践的な学習を通して航空技術者としての実践力を習得
 
開校以来、6社への就職者数800名以上(航空整備科・航空生産科の合計)
願書・資料請求する【送料無料】 オープンキャンパス特集ページ

国内航空機のプロジェクトなどによる
航空関連産業の発展にともない
航空機の生産額は年々増加

多くの航空機製造技術者が即戦力として求められています
願書・資料請求する【送料無料】 オープンキャンパス特集ページ

ページの先頭へ