ホーム学科紹介 > エアポートサービス科 全体の概要

全体の概要|エアポートサービス科

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!

将来のあなたの姿は? 〜この仕事のプロフェッショナルになる〜

  • グランドハンドリングスタッフ。機体周辺で行う地上支援業務。機体のけん引やプッシュバック、手荷物・貨物の搭降載、給油、給水、機体内外の清掃などを担当します。また、着陸した機体を所定の位置に誘導するマーシャリング業務も行います。両手に持ったパドルを用いて、手信号でパイロットに停止ラインを伝えます。
  • グランドスタッフ。カウンターでのチェックインやラウンジでの接客、出発便の改札業務など、お客様がスムーズかつ快適に搭乗できるようにサポートします。
  • エアカーゴスタッフ。航空貨物輸送に必要なスケジュール作成や運賃計算、貨物搭載の調整など、輸送業務に関する専門知識を持つスペシャリストです。

主な就職先(2017年3月卒業生)

ANA新千歳空港、ANA成田エアポートサービス、ANAエアポートサービス、ANA中部空港、ANA福岡空港、ANA沖縄空港、ANAケータリングサービス、JALグランドサービス、JALグランドサービス大阪、ドリームスカイ名古屋、中部スカイサポート、CKTSなど
(順不同、一部抜粋)

エアポートサービス科で在学中に取れる資格(2017年3月時点)

実用英語技能検定(英検)

区分 公的試験
概要 通称「英検」として数ある英語検定の中で最も知名度、信頼度が高い文部科学省認定の検定試験です。就職や人事処遇から入試・単位認定まで、非常に有利な資格です。
受験資格 年齢制限等は特にありません。本校では、学内に試験会場を設けて、準2級・2級の取得を目指します。(英検受験経験の無い場合は、3級から受験する学生もいます。)

TOEIC

区分 世界共通試験
概要 世界中で実施されている、英語によるコミュニケーション能力を評価するテストです。合否判定は無く、10点〜990点のスコアで評価されます。企業では自己啓発や英語研修の効果測定、昇進・昇格の要件などに活用されています。
受験資格 制限は特にありません。

IATAディプロマ資格 (基礎コース)

区分 国際資格
IATA(INTERNATIONAL AIR TRANSPORT ASSOCIATION/国際航空運送協会)とFIATA(INTERNATIONAL FEDERATION OF FREIGHT FORWARDERS ASSOCIATIONS/国際貨物輸送業者協会連合会)が共催で実施している世界規模の試験。
概要 国際航空貨物の運送状や輸送スケジュールを作成したり、運賃計算を行ったりします。世界で通用する資格です。
受験資格 年齢制限は特にありません。本校では基礎コースの全員取得を目指します。

IATAディプロマ資格 (危険物コース)

区分 国際資格
IATA(INTERNATIONAL AIR TRANSPORT ASSOCIATION/国際航空運送協会)とFIATA(INTERNATIONAL FEDERATION OF FREIGHT FORWARDERS ASSOCIATIONS/国際貨物輸送業者協会連合会)が共催で実施している世界規模の試験。
概要 危険物規則書についての関連書類を作成したり、危険物の輸送梱包等を行ったりします。
受験資格 年齢制限は特にありません。本校では危険物コースの全員取得を目指します。

エアポートサービス科の強みとは?
強み@
空港で使われている本物の車両広い実習場で学べる
本校では、キャンパス内にある広大な実習場で、実際の空港で活躍する空港特殊車両を教材に用いながら実習を行います。
貨物や小型飛行機を運ぶ「トーイングトラクター」をはじめ、乗客を搭乗・降機させる「パッセンジャータラップ」や航空貨物コンテナの積み降ろしを行う大きな「ハイリフトローダー」なども実習で触れることができます。
強みA
ANA中部空港/CKTS/関西エアカーゴセンター/ドリームスカイ名古屋と提携し
約6ヵ月間におよぶインターンシップを実施
エアラインビジネスコースでは、ANA中部空港/CKTS/関西エアカーゴセンター/ドリームスカイ名古屋の全面バックアップにより、6ヵ月間のインターンシップを実施。
空港内業務の専門知識や接客技術の実践教育カリキュラムで基礎知識を習得した後、実際のエアラインでチェックイン・予約・発券・手荷物の受け取りなど、就職後に即戦力として活躍できる技術を身につけることができます。
強みB
新校舎に客室モックアップを設置
2017年4月より教育を開始した新校舎に、本物の旅客機(ボーイング777)の機材を使用して製作した「客室モックアップ」を設置。また、本物の空港受付カウンターを使用して「空港受付カウンター」も設置しました。これにより、インターンシップだけでなくキャンパスの中でも実践的な接遇訓練が可能になります。
強みC
世界共通のライセンス「ディプロマ資格」を在学中に取得
航空会社などで国際航空貨物を取り扱う上で必須のディプロマ資格。国際航空貨物の運送状や輸送スケジュールの作成、運賃計算などの基礎を学ぶ基礎コースと、危険物に対しての適正な取り扱いや梱包などを学ぶ危険物コースの両方の資格取得を目指し、グローバルに活躍できる人材を育成します。
 

エアポートサービス科 学科長の自己紹介

エアポートサービス科 学科長
エアポートサービス科学科長/M田 実

ANA出身。専門分野はエアラインビジネス。

羽田空港の国際化や格安航空会社(LCC)の台頭など、航空業界を取り巻く環境は常に変化しています。これに伴い、航空関連の各企業は環境変化への適切な対応を迫られており、今後は有能な社員の確保が急務となっております。更には、これから深刻化する人材不足も大きな課題となっております。

エアポートサービス科には、グランドハンドリングコース・エアラインビジネスコースの2つのコースがあります。各コースでは業界ニーズにしっかりと対応できる教育を展開しており、特に各企業が必要とする資格や英語力について、在学中に取得することを目指します。また、社会人としての「人間力」も身につけることで、就職後に即戦力として活躍できる力を養います。


プロフィール
・1991年 ANA入社
国際線スペースコントロールや外航アライアンスなどエアラインビジネスに従事。
ロンドン、上海、香港、韓国などで駐在経験あり。
・2014年 中日本航空専門学校 エアポートサービス科 学科長 就任
 

エアポートサービス科はこんな学科です

1就職後に即戦力として活躍。就職内定率は6年連続100%

  • 充実した実習器材と実習場
     空港特殊車両の種類と保有台数は全国No.1
     多数の学生が様々な実習を同時に行うことが可能な広い実習場
  • 経験豊富な教師陣
     常勤教師陣は全員がJALグループ・ANAグループ出身者という強み
  • 約6ヶ月間の長期インターンシップ制度
     中部国際空港と関西国際空港を舞台に、グランドスタッフとエアカーゴスタッフの業務を
        プロと同じ環境で学ぶ
     約6ヶ月間という長期間は全国でも本校のみ。単なる業務知識の習得のみならず、
        社会人としての人間形成にも大きく寄与。就職後には即戦力として活躍
  • 充実した教育内容
     教育の四本柱: @英語教育、Aディプロマ資格取得、B実習中心のカリキュラム、
        C安全運航に必須なウェイト&バランスの習得
  • 就職内定率は7年連続100%
     北は北海道〜南は沖縄まで、グランドハンドリング業務、グランドスタッフ業務、
        エアカーゴ・物流業務、ケータリング業務などに携わる全国の航空関連企業に就職。
        また、2年連続でANA・JAL系企業への就職内定率80%以上を達成。

2入学後にはこんなことを学びます

  • 英   語:TOEIC対策、英検対策を含め、全授業総数の約25%で英語教育を実施。
            就職の際に有利になるTOEIC550点以上、英検2級の取得を目指します。
  • ディプロマ:国際資格である国際航空貨物取扱士ディプロマ(基礎コースおよび危険物コース)の
            取得を目指します。

その他、空港の仕組みや業務全般を学ぶ「空港業務知識」や、航空貨物を勉強する「航空貨物輸送」「ロジスティクス貿易概論」、社会人としての基礎を学ぶ「ビジネスマナー」「コミュニケーションスキルアップ」、本校独自の「人間学」など、航空業界で働く上で必須な知識を学べます。

 
都能 大護さん 【愛媛県】松山工業高校出身
都能 大護さん
【愛媛県】
松山工業高校出身
広い実習場と本物の車両で学ぶ、実践的なカリキュラムが魅力

幼い頃から航空機に魅力を感じ、将来は航空機の近くで働きたいと思っていました。

本校のオープンキャンパスに参加してびっくりしたのが、まるで空港のような広い実習場があり、空港で使用している実際の特殊車両を使った実習が行われていたことです。ここなら講義や実習に集中でき、夢のグランドハンドリング業務に就けると思いました。

将来は、グランドハンドリングスタッフになれるように、実習や資格取得にもっと力を入れていきたいと思います。

 
航空機の間近で安全運航をサポート。グランドハンドリングコースを詳しく見る
空港での6ヶ月間のインターンシップが魅力。エアラインビジネスコースを詳しく見る

このページの先頭へ